つぶやき

映画、DVD、つぶやき、の記事

MENU

ありがたやありがたや

妻との出会いかな ほんと

今妻の実家に居候して子供を育てています

東京で働いてましたが 心臓まできて

仕事やめてしまいました そこからサバイバルして 安いけど仕事みつけて なんとか

暮らしてます 妻のおかげです ありがたやありがたや。

f:id:tmakichan:20201128195251j:plain


関東最強のパワースポット

関東最強のパワースポットは成田にある麻賀多神社です

本物の神様がいるところです 私たちはかんちがいしてますが 神は人にはつかえません 願いをすればかなえてくれるとか ああしてほしいとか まず逆です こうして生きなさいとか 人とは当然価値観があわないとこがあると思います 神様につかえるのが人です ま ともかくも日月神示で有名です 人を愛する神様でもあるみたいです 当たり前ですが すべての神様が人を愛してくれるとは限らないと思います。

f:id:tmakichan:20201125205816j:image

 

鬼滅の刃

やはり日本人だね

相手の為に、家族の為に、自分が死ぬかもしれない戦いにたびたつ

鬼にはそれなりの身の上の話しがあるし、柱たちも信じた中間のために自分の命をかける

本当のところ

外国では理解されているのだろうか

国内でも何が良くてうれているのだろうか

f:id:tmakichan:20201125033253j:image

怖い話

6年くらい前のことです

今も設備管理の仕事をしていますが

その時は大型のショッピングモールの仕事をしていました

泊まり 宿直ありです

1時位で奧の和室で眠りにつきました

寝ていると何故か夢なのか リアルに入り口の所に自分がいます

目でみるように 周りのものが頭の中に鮮明にみえます

そうしたら 精気のない中年の男性が 薄茶色の作業服をきています

両手を前にだして よりかかってきました

うわ~

驚いて目が覚めました

あれは いったい何だったのだろう

後にも先にも それっきりです

寝る前に怖い話をした訳ではありません 突然です。

f:id:tmakichan:20201124100157j:plain

 

不思議な話

かなり前の話です

ある日友達のところに泊まりにいきました

県営か市営住宅です 3階だったと思います

夜 ビールを飲んで話をして眠りました

寝ていたら 頭のなかに 鈴を鳴らす音がして

チャリーン チャリーン

お経の様な文字が流れて行きます

あれはいったい何だったのだろうか

見たこともないお経でした

目を開けないで 頭に直接字がでるってどういう事

f:id:tmakichan:20201116185540j:plain

 

 

車からサッカーボール型お店へ

今週のお題「ピザ」

実家のほうに多古ピザというピザ屋さんがあります。始めはバスの中で営業してたのですが、いつのまにかサッカーボール型の建物になっていました。家の子はマルゲリータが好きです、このあいだ、多古ピザで買いました、イタリア人かな外国人が焼いてました。パリパリで美味かったです。ピザのミミは色々あるのですね。

f:id:tmakichan:20201121153824j:image

靖国神社問題

このあいだ設備の宿直の仕事中、仲間に「靖国神社に総理が内閣総理大臣の名前で参拝するのはダメだとか言ってきた」ビルメンがそんな話しする事自体が可笑しいのだが、もうあきらめているのだが、その時は真面目な話をしてしまった「至上の愛について」「キリスト教せかいでは、欧米では他人の為に自分を犠牲にできる人、愛を至上の愛とするそうですよ」「日本も国民を殺しすぎた」そう言った

 

しばらく相手は考えていたが また違う話しをしだす「負ける戦いをやっても仕方がない」と言う話もあると言い出す

 

貴様それでも日本人かと思った 相手にしても無駄なのだが そのときは真面目な話をした

 

「家にいて、母親や子供がいるのに1000人のひとが攻めてきたら貴方は戦はないのですか」「彼らは10000人で攻めてきても戦いますよ」レイテの時も船舶の数をみて「よし俺が200キロ爆弾を積んで空母に突っ込んでやろう」誰も勝てるとは思ってませんでしたよ、すくなくても彼らは私より勇敢です。

 

立派な先輩方がいたから今の自分達があるのではないですか

 

この頃、私が気づいたことは人は自分のミッションに一生懸命だから、仕事のことではないが、どうのこうの言うのは筋ちがいだが、魂の在り方がちがうんだな。

私は勇敢で立派な先輩方を誇りに思う、国からとして感謝したい、もっとも彼らは肉親のため故郷のために頑張ったと思うが、私も譲れないことだったから少しむきになってしまった

ホンネを言うと自分に出来もしないレベルの話しをするなと言うことなんだけど。

f:id:tmakichan:20201120202937j:image

 

ブログを始めてみてわかってきたかな

昆虫とか花とかを題材にしたブログを私、半年くらい書いてます、昆虫を本で調べて書いても写真を撮ってそのときのことをコメントいれて書いてもアクセスはかわりません。

ブログってなんだろ 壁にあたったのかな

コメントもあまりありません、書き方がダメなのかな、私がつまらないからなのかもしれない

書き方は本読んで模倣するようにしてます つまらない私かもしれませんが頑張って明るく楽しく書きます

好きになってください

なりたい自分はわからないけど 少なくても 他の人から嫌われる私にはなりたくないです。f:id:tmakichan:20201120193315j:image

あかざ「鬼滅の刃」の魅力

アカザの魅力はなんだろう 一番はやさしさだと思う 恋雪を看病した時もそうだが自分のことより相手を大切にする性格 二番目は正直なところだろうなタンジロウを初め認めなかったが成長したら認めた彼の言葉には真実以外は無い つぎは向上心かなもともとは父親を守るためにの強さだったその思いが残って鬼になっても鍛錬だ。運命ってあるのかなどうしてそこまでかなしい。

f:id:tmakichan:20201114172203j:plain

 

有村架純

「自然が好き」で実家がNHK朝のテレビドラマのひよっこのロケ地のようなとこですと紹介した

 

f:id:tmakichan:20201116191952j:image

ひよっこのヒロインは有村架純さんです

それで今ドラマなんかやってるか調べたら

火曜日に「姉ちゃんの恋人」やってました

次回で4回目 でも心配です

彼氏が両親をはねた人だったら悲しすぎます

それは無いことを願います。

f:id:tmakichan:20201116192618j:image

タクシー配車のバイト

慣れたのだろうか売り上げ集計はイヤじゃなくなった

いま天井を見てます

f:id:tmakichan:20201113020047j:plain

 

チョット考えてます

年とって困らないよにバイトを

ある意味始めました

大型二種自動車免許もってたから

タクシーも乗った

もとは路線バスに乗ってた

今タクシー配車のバイトしてる

がしかし

何かがちがうと思う

危険物免許あるから

スタンドでも働いた でも 心が寒い

何かが違うんだろ

うまく言えない

本業の設備管理の仕事が入札があるから

水ものだと思ってる

三万づつ10ヶ所で三十万の考えには

納得するが 実現するのは

かなり努力がいる。

f:id:tmakichan:20201113021217j:plain

タクシーの配車のバイト

今夜はタクシーのバイトをした

客に怒られた「お客の接待をしたことが無いだろ(# ゚Д゚)」

へー

すみませんととにかくあやまりつづけた

詳しく話します

電話を僕がとると

「チケットの客の鈴木だが駅周辺に車いるか」

車確認のため無線で呼びかける⇒いるわけないのだが

車は二台しかなく一台は配車済み

でもチケットの客(会社と提携してる)なのでムゲに出来ず

事情を聴き連絡先の電話番号を聞きメモして

車の確認をして「こちらから電話しますと」一度切る

もう一台の車に電話して客の情報をはなしokをもらう

okもらってから客様に電話する(先の話から車に乗りのは鈴木様ではない)

「車の手配ができました住所と乗るお客様の名前を教えてください」

ここでまさかのお客様キレはじめる

「接待の意味わかる」

「お金払わせたくないからわざわざおたくのタクシー呼んだんだ」

「おまえ名前なんていうんだ」

「田中です」偽名で答えた

「会社に後で言うからな」

なんか

宇宙人と話すと疲れる

客様の話の内容はわかるが 乗る人を確認するのは基本だろう


地方のタクシー運転手の給料と仕事について聞いてきた!

 

なめんなよ

 

 

 


『なめんなよ❤いばらき県 THE MOVIE』予告編

父親が昨日亡くなった その1

宿直の仕事からその日は家に帰って来て風呂に入り、昼寝をしようとまどろんでいた

12時少しすぎかガラケーが鳴った


「ようたいが悪いので14時から15時の間で病院にこれるか」妹からだ

小生は実家から出て生活している

実家からは車で1時間くらいだ

「すこし考える」と電話をきる


自問自答してみる

確かに疲れている休みたい でも

親の死に目にいかない それは

ダメだろう


着替えて、妻に

「実家の病院に行ってくる」つげる

言葉が変だが通じる


1時間くらいで病院につく

病室までの行き方は妹に聞いておいた

病室に入ると母親と叔母さん

ベッドの上には父親

父親は目も開かず、機器の数値をみると低い

10分ぐらいすると0の数値をみる

看護師がいない、さがすと

しばらくして

「今、医師を呼んでいます」

医師がきた


父親を診断する

「心臓の停止を確認しました」

「御臨終です」


数分後、妹、おばさんが来る

ここで小生と父親まわりの人たちの立場の説明をします。