つぶやき

映画、DVD、つぶやき、の記事

MENU

父親が昨日亡くなった その1

宿直の仕事からその日は家に帰って来て風呂に入り、昼寝をしようとまどろんでいた

12時少しすぎかガラケーが鳴った


「ようたいが悪いので14時から15時の間で病院にこれるか」妹からだ

小生は実家から出て生活している

実家からは車で1時間くらいだ

「すこし考える」と電話をきる


自問自答してみる

確かに疲れている休みたい でも

親の死に目にいかない それは

ダメだろう


着替えて、妻に

「実家の病院に行ってくる」つげる

言葉が変だが通じる


1時間くらいで病院につく

病室までの行き方は妹に聞いておいた

病室に入ると母親と叔母さん

ベッドの上には父親

父親は目も開かず、機器の数値をみると低い

10分ぐらいすると0の数値をみる

看護師がいない、さがすと

しばらくして

「今、医師を呼んでいます」

医師がきた


父親を診断する

「心臓の停止を確認しました」

「御臨終です」


数分後、妹、おばさんが来る

ここで小生と父親まわりの人たちの立場の説明をします。